2008年07月12日

他人の欠点




他人の欠点がよく見えること自体 自らの欠点である。

(あるお寺の掲示板)




自分のことは棚に上げて、人のことになると、あれこれ悪いところが見えてきます。自分と他人を比較して、他人の欠点を見つけては安堵している。そんなことをしてしまうことがあります。それも自分の基準で計っていたりします。ちょっとした優越感に浸り、幸せを感じている・・・。これは、自分自身のことが分かっていないということでしょうね。「他人を見るまえに自分を見ろ」ですね。


ラベル:名言 欠点 優越感
posted by 六角 五郎 at 02:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月10日

相手の存在を認めていますか?



ラポール




フランス語で互いに親しい感情が通い合う状態、打ちとけて話ができる関係を言います。心理学用語では、相手との間の信頼関係を表す言葉です。コーチングという部下育成手法にもこの関係が重視され、ラポールを築くことが大切であると言われています。ラポールを築く上で、ペーシングとアクノリッジメントが必要であると言われています。ペーシングとは、相手の話し方に自分の話し方を合わせて、安心感を与えることです。日頃私たちが無意識に行っているうなづきやあいづちなどがペーシングです。アクノリッジメントとは、認める、承認するという意味で、相手の行為や存在を明確に認めることで相手に安心感を与えることです。この相手を認める、承認するということは、すごく大事なことで、親しい関係を築く上でなくてはならない要素です。さて、あなたは相手の存在を認めていますか?





posted by 六角 五郎 at 14:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一度だけの今




今、今、一度だけの今




「今」というこの一瞬は、自分の人生でもう二度と繰り返すことができないものです。過ぎてしまえば、もう過去のこと。「今この瞬間」は一度しかない。たしかにその通りです。でもそう言われても、そんなことを思いながら生活していないのも事実ですよね。「今この瞬間」が次につながっています。このつながりを考えると、ムダに過ごすとムダな流れにつながり、充実した今は充実した流れを生んで行くのではないでしょうか。そう考えると、この充実した流れをつくることがすごく大事なことだと思いませんか。一度だけの今。どう過ごすかは、どう成りたいのかにつながるものですね。大変難しいテーマです・・・。






ラベル:名言 瞬間
posted by 六角 五郎 at 13:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月29日

人とのかかわり



おだてられればいい気になるし 

わるくちいわれりゃ腹たつわたし

(相田みつを)




身につまされる言葉です。人から言われた一言で、いい気になったり、怒ったり。ころころ気分も変わります。でもこれも人とのつながりがあればこそ。そう思っておきましょう。おだてられたり、悪口も言われなくなってしまったら、それはそれで寂しいものです。いろんな人と関わりあって生きているんですのもね。


街乗りにピッタリ!
6段変速付の20インチ折りたたみ自転車☆

posted by 六角 五郎 at 17:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お陰さま




おれがおれがの「が(我)」を捨てて、

おかげおかげの「げ(下)」で生きる。

(仏教の説法)



我々は生まれてから成長するのに伴って、「私」という実体的な「我」を想定して生きています。自分に対する執着で「我執」というそうです。「我を捨てろ」とは、よく聞く言葉ですが、なかなか難しいことですね。「我を捨てる」ということは、諸法無我といわれ、変化をその変化のままに、変化するものこそ私なのだと受け入れることです。つまり、あるがままを受け入れるということでしょうか。そして、「お陰さま」という感謝の心を持つことが大切だということですね。



テニスやゴルフで人気のブランド エレッセ(ellesse)オリジナルの腕時計が登場!パワーショップ特別価格でご提供!



posted by 六角 五郎 at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リーダーの気分





不機嫌な上司、ご機嫌な上司




リーダーの気分というのは大事な要素です。周りの雰囲気に影響を与えます。神経細胞にはミラーニューロンというのが存在し、人が笑ったり、怒ったりする行為をみると、それを見た人の脳が活性化して、その行為をした人の脳と同じパターンになり、「ミラー(鏡)」のように反応するそうです。ある実験で不機嫌でアグレッシブな人と、ご機嫌で協力的な人をそれぞれ入れた2つのグループで、同じテーマを討議させたところ、不機嫌な人がいるグループのメンバーはストレスが多く、ご機嫌な人が参加したグループは、明るい気持ちで納得感をもって話し合いができたそうです。このように気分は感染します。特に影響力のある人物の気分に感染されやすいものです。リーダーが不機嫌な気分でいると、それは部下にも感染します。もしあなたがリーダー的な立場なら、気をつけないといけませんね。



CD9枚+テキスト(バインダー方式)1冊

posted by 六角 五郎 at 16:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人を動かす秘訣




人を動かす秘訣は、

この世に、ただ一つしかない。

この事実に気づいている人は、

はなはだ少ないように思われる。

しかし、人を動かす秘訣は、

間違いなく、一つしかないのである。

すなわち、

みずから動きたくなる気持を起こさせること。

これが秘訣だ。

(デール・カーネギー)




やれと言われても人は動かないものです。たとえ一時的に動いても持続させることは困難です。だから同じ事を何度も何度も、時には怒鳴りつけたりしながら、やらせようとしていませんか。人を動かすとは、人の心を動かすことです。本人が自らやりたくなる気持ちを起こさせることです。つまり本人の「やる気」。これを起こさせる手助けをすることが大事だということです。相手の立場になって、相手が望むものが手に入れられる手段を一緒に考えること。これが秘訣です。



本書は先人たちの残した名言のなかから、人生に幸せがやってくる言葉や考え方を中心に紹介するものである。
ジョセフ・マーフ..



posted by 六角 五郎 at 16:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする




恥ずかしいと思うことが少なくなってゆく、

それが私には恥ずかしい。

(迷亭木魚)




「恥」の語源は、「傷を負う」と言う意味を持ち、痛みを意味するそうです。内なる良心の声に耳を傾け、良心に対して痛みを感じ、自分の心に対して恥じることだと言います。今は、カッコ悪いとか、面目を失うよなときに恥ずかしいという風に使っていますが、本当は「自分の心に対して恥じる」という意味なんですね。だんだんとそういう気持ちが無くなってくるのは、やはり恥ずかしいことですね。ところで、恥ずかしいと耳が真っ赤になりますが、恥ずかしいという「心」は、先ず「耳」に表れるということでしょうか。



★花や樹を愛でる暮らしは、人の心を優しく豊かにしてくれます♪

 生活の中の花や緑は心を癒してくれますね。
目に鮮やか..


ラベル:名言
posted by 六角 五郎 at 16:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大事と小事



百万石の米といえども粒の大なるにあらず。

万町の田を耕すも、

そのわざは一鍬ずつの功による。

(二宮尊徳)




百万石(約18万立方メートル)の大量の米も、万町(約100万平方メートル)の広大な田畑も、一粒ずつの米の積み上げで、土地をひと鍬ずつ耕すことから成り立っています。人は何かを成そうとする時、目標ばかりに目を奪われがちで、目の前の小さなことをなおざりにしがちです。「大事は小事の積み重ね」であることを知り、小事をきっちんとこなすことが、成功への最短の道であるということですね。


XD-GP5900MED【南山堂医学大辞典 搭載電子辞書】
医療系関係者のための専門コンテンツが充実☆


posted by 六角 五郎 at 16:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本願



ほんとうにしたいことがあったら、それをやれ。

それで死んでも、悔いなかろう。

(暁鳥 敏/宗教家)




悩みのもとは、自分がやりたいことが見えない、わからない。あれもしたいし、これもしたいという世間的な欲求ばかりが出てきます。本当に自分がやりたいことは何なのか、自分自身がわかっていないことにあります。心が熱くなるくらい、思い焦がれるようなことに出会うことができたら、迷わずやりましょう。それで失敗しても悔いはないものです。熱く歓喜するような真の願を「本願」というそうです。


CD9枚+テキスト(バインダー方式)1冊



ラベル:暁鳥敏 名言 本願
posted by 六角 五郎 at 16:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。