2009年03月03日

小遣いと心遣い




自分の小遣いの不足は誰でも言うが、
自分の心遣いの不足を問題にする人は少ない。

(心のしおり/本通寺)




ちょっとデータが古いですが、
ある金融機関が2007年春に行った調査によると、
サラリーマンの平均小遣いは、
前年より3,300円増の48,800円だそうです。

理想の小遣い額はプラス2.6万円の74,800円。

小遣いの使い道で、はずせないのは
「昼食代」という回答が5割以上あり、
その昼食代は平均590円、
前年の650円から60円ダウンしているとか。

30代、40代サラリーマンは
小遣いのやりくりが苦しいと答えています。

人間、悲しいかな、
金銭面でゆとりがないと、
人への心遣いも少なくなりがちですよね。

posted by 六角 五郎 at 09:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 今日の名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月02日

タイミングの見極め




重役の七割が賛成するプランは時すでに遅く、
七割が反対するプランでやっと先手がとれる。

(松下 幸之助)




企業にとって競争戦略は重要な課題です。

市場の動きを見て競争相手に対して、
常に先手を取ることが重要なポイントです。

現状維持は後退することであると分かっていても、
過去の成功体験からなかなか抜け出せなかったり、
改革への痛みを先延ばしにしてしまうことがあります。

大勢が賛成する時は、時すでに遅く、
タイミングを逸することが多々あります。

常に先手が打てるタイミングを
見極めることが需要です。

ちなみに、
幸之助さんの頃の松下電器は、
他社が新製品で出した売れ行きを見て、
安全・確実と判断した上で開発するという
二番煎じ戦略をとっていました。

それでもタイミングを逃さないために
この言葉があったのでしょうね。

posted by 六角 五郎 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月01日

平常心


虚心坦懐

(きょしんたんかい)


虚心坦懐とは、落ち着いて平静な状態の心を言います。

勝敗にとらわれると、
物事の本質を見抜くことができずに
行動を誤ってしまう恐れがあります。

この「物事の本質」が大変重要な要素で、
これを見誤ると本来の目的が達成できません。

私たちの周りには
勝った負けたでは計れないことがたくさんあります。

事に臨む時には、
心を落ち着けて平常心で、
物事の本質というものに目を向ける習慣をつけましょう。

posted by 六角 五郎 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月27日

「自分らしさ」という芯



クヨクヨするな。

フラフラするな。

グラグラするな。

ボヤボヤするな。

ペコペコするな。

(坂村真民/詩人)




「しんみん五訓」という言葉です。

落ち込んだり、優柔不断になったり、
気持ちが入らなかったり、卑屈になったり・・・。

どれもこれも当てはまる言葉です。

なにかひとつ「自分らしさ」という芯が必要ですね。


posted by 六角 五郎 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月26日

念ずれば花ひらく(坂村真民)

念ずれば花ひらく
苦しいとき
母がいつも口にしていたこのことばを
わたしもいつのころからかとなえるようになった

そうしてそのたび
わたしの花がふしぎと
ひとつひとつ
ひらいていった


(坂村真民/詩人)



「念ずる」とは、ある事柄・事態などの実現を強く思い願う。

「こうあってほしいと心の中で祈る」といことです。

神様、仏様に手をあわせて頼みごとをすることではありません。
そんなことで願いが叶うなら、
世の中、不幸せな人はいなくなるのですが・・・。

現実は木や鉄でできたモノに手をあわせてみたところで、
ご利益があるわではないのです。

では念ずるとはどいうことでしょうか?

それは、
「こうなりたい」という思いを
あなたの潜在意識の中に浸透させることです。

そうすれば、無意識のうちに、
こうなりたいと願う方に向かって行動するようになります。

思いを顕在意識から潜在意識へ落とし込むことが重要です。

神様、仏様に手をあわすのも、
この潜在意識に落とし込むために行うなら意味もあります。

ただの神頼みでは何も変わりません。



posted by 六角 五郎 at 13:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月13日

時間が過ぎれば



人生とは遠くを振り返ると
たいがいは皆
他愛ない事に過ぎない。

(吉川英治)



苦労、苦難の人生も過ぎ去ってしまえば
懐かしい思い出になります。

たとえうまく行かなかったことでも
振り返ってみれば、
それも思い出として懐かしいものです。

逆になんの苦労もなく過ごしたことは、
なにも思い出に残りません。


いま苦労し、辛い思いをしていたとしても、
そのことはきっと、
あなたにとって良い思い出になることでしょう。


時間が過ぎれば、他愛のないこと。

そう考えると少し気が楽になりますね。



posted by 六角 五郎 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月12日

人を動かす




人を動かすことのできる人は、
他人の気持ちになれる人である。

その代わり、
他人の気持ちになれる人というのは自分が悩む。

自分が悩んだことのない人は、
まず人を動かすことはできない。

(本田宗一郎)




他人の気持ちになるというのは、大変むずかしいことです。

とかく我々は自分を基準に物事を考えてしまいます。

自分が出来るから、相手も出来るとは限らないし、
相手が自分と同じ思いでいるとは限りません。


ましてや、相手を動かそうと思うなら、
相手を変えようと考えるのではなく、
まず相手の立場になって考えるということが大切です。


相手を思いやるということが出来ない人には、
真に人を動かすことなどできません。


posted by 六角 五郎 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月10日

質問の方法



命令を質問の形に変えると、
気持ちよく受け入れられるばかりか、
相手に創造性を発揮させることもある。

(デール・カーネギー)




一方的に命令するのではなく、
質問することによって、
相手の中にある答えを引き出す時に大きな力を発揮します。

相手に問いを投げかけることで、
意識がその人自身の内側に向かいます。

相手は自分で考え、答えを出すようになります。

質問の方法にもいろいろあります。

答えが複数あるよな場合には、
オープンクエスチョンという方法で、
相手が新しい考えに気づく手伝いをします。

また逆にYesかNoで答えられるような質問を
クローズドクエスチョンと言います。

でもこれをやり過ぎると、
相手は問い詰められているように受取りがちになるので、
多様は禁物です。

他には否定的な言葉を言わない
「肯定質問」や相手の可能性にあてた「未来質問」など。

質問形式のポイントは、
自ら考えさせて答えを導くことで、
やる気を引き出す効果があるということですね。

posted by 六角 五郎 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月09日

方針はシンプルに



多岐亡羊(たきぼうよう)

(ことわざ)



枝道が多いため逃げた羊を見失うという意味ですが、
方針があまりに多いために、
どれを選んだら良いのか思案に余るというたとえに使われます。

あれもしたい、これもしたいと思いを巡らせば
いろいろとやりたいことが出てきます。

で、結局はどっちつかずで終わってしまって出来なかった、
ということはないですか?

方針はシンプルに、
最も重要な課題を解決するための方針に絞ることが肝要です。


posted by 六角 五郎 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月06日

最適なチーム



船頭多くして、船、山に登る。

(ことわざ)




指図する人が多過ぎると、かえって統制が取れず、
とんでもない方向にものごとが進んでいくものだという意味です。

組織の中にリーダーシップが取れる人材がいることは
組織運営上大事なことです。

ただ、その組み合わせが重要です。

FFS理論という組織編制の理論があります。

「人材一人ひとりの強みを活かし、
最適に組み合わせることが組織生産性の向上につながる」
というものです。

リーダー的な素養がある人材ばかりを集めたら、
強い組織がつくれるかというと、そうではなくて、
いろいろな特性を持った人材をうまく組み合わせることで、
お互いを補完し合う関係が組織の中に生まれ、
活性化するそうです。

最適なチームをつくるには、
人材の強みを知って、
適材適所に配置することが大事ということですね。




posted by 六角 五郎 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。