2008年09月28日

心ここに在らず


心ここに在らざれば、視れども見えず、

聴けども聞こえず、

食らえどもその味を知らず

これを修めるにはその心を正すに在り。

(大学/四書五経)




心がしっかりと落ち着いていないと、目に視えていてもそれが何であるか見分けられず、耳では聴いていてもそれが何を言っているのか聞き分けられず、食べていてもその味がわからない。先ずは心を正すことが肝要だという言葉です。私たちは、なにか気になることがあると、そわそわと落ち着きがなくなり、うわの空になりがちです。この「心ここに在らず」の状態は結構ありますよね。視たり聴いたり、食べたりと感覚でそれは分かりますが、その感覚を通して、何かを考えるのは心の働きが必要になってくるということでしょうね。ちなみにテレビをみることを視聴と言いますが、これは感覚的に視ている(聴いている)ということでしょうか。そう言えば、ボーっとテレビを視ている時がありますね。まさに心ここに在らずですね。
posted by 六角 五郎 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月27日

仇桜


明日ありと思う心の仇桜

夜半に嵐の吹かぬものかは

親鸞上人




桜は明日もまだ美しく咲いているだろうと安心していると、その夜中には強風が吹いて散ってしまうかも知れない。人生もそれと同じでまだ明日があると思う心が仇となって、機会を逸してしまうものだという戒めの言葉です。人生もいつ散るか分かりません。結論の先送りなどせずに、いまこの時がチャンスだと思ったら、臆せず行動を起こしましょう。

posted by 六角 五郎 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月26日

我思う、故に我あり


我思う、故に我あり

(ルネ・デカルト)



有名な言葉なので、ご存知の方も多いと思います。でもこの意味をどのように解釈するかは、大変むずかしいように思います。説によるとデカルトという人は、非常に疑い深い人だったようで、全てのものを疑って行くと結局確かだと思えるものは何もない。唯一疑っている自分だけは、疑うことはできない存在であることに気づき、物事全ては考えている自分から始まるものであるというように、私は解釈しました。いやいやそうじゃないでしょ、と思われた方もいるかもしれません。それもあなたが思うから、あなたが存在するということではないでしょうか。「自分で考えてみる」ということが、自分の存在を証明するということです。周りの人にあれこれ言われて、疑う意思も無く動いているのは、ロボット・・・かもしれませんね。
posted by 六角 五郎 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月25日

あてがいの価値観

趣味、仕事、何でもいいから、

会社が評価しない「何か」を見つけてほしい。

もし、自分に好きなものがなければ、

好きになれそうな「何か」を探してほしい。


そしてその「何か」がわかったら簡単に放り出さないで、

しぶとく時間をかけて勉強してほしい。


そうすれば「あてがいの価値観」とは違う

自分だけのものの見方が身につくはずです。

(小椋佳/シンガーソングライター)



趣味と仕事が一緒になれば良いなぁと誰もが思うことですね。でも現実はそううまくは行かないものです。そこで、仕事は仕事、趣味は趣味と割り切ってしまうものです。自分が本当に好きな「何か」ってなんでしょう?それも寝食忘れるくらいにのめり込んでしまうこと、あなたにはありますか?結構「あてがいの価値観」というのに満足してしまっているのかもしれませんね。


posted by 六角 五郎 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月24日

上手な嘘


嘘も方便

(ことわざ)




嘘は良いことではないが場合によっては、一つの方法として必要なこともあるという言葉ですが、この方便とは「衆生を教え導く巧みな手段」という意味だそうです。ある日、老人の家が火に包まれ、家の中では恐ろしい大火事であることも知らず、何人かの子供達が夢中で遊んでいました。「危ないから早くお逃げ」という声には耳を貸そうともしなかったため、老人は「門の外に、お前達が欲しがっていた羊の車と鹿の車と牛の車があるから出ておいで」と言って子供たちを外へ出させたというたとえがあります。嘘というのは、正当な目的があれば意味をなすということですね。上手に嘘をつきましょう。

ラベル:ことわざ
posted by 六角 五郎 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月23日

中間管理職


吉本で 研修させたい 次長課長

(人事担当/サラリーマン川柳)




前回に引き続き、サラ川からの言葉です。会社組織の次長、課長となると、いくつかのチーム(係)を監督指導する立場が一般的です。いわゆる中間管理職と呼ばれる職位です。この層が会社組織にとって、現場との要になっているところが多く、人事担当としては、一番研修に力を入れたい階層です。上司である部長と部下である係長の間に入り、世の次長、課長は結構板ばさみになってストレスが溜まるところですね。ちなみに、よみうりランドでは、08年1月1日にねずみ年にちなみ、「中(チュー)間管理職 入園無料!」というイベントをやっていました。関係なかったですね。f^^;

posted by 六角 五郎 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月22日

KY


「空気読め!!」 それより部下の 気持ち読め!!

のりちゃん/サラリーマン川柳




KY(空気嫁)という言葉が流行りましたが、この空気を読むというのは結構むずかしいものですね。場の雰囲気を察して、それに合わせた言動をするということが、空気を読め」の意味なんでしょうが、場の雰囲気というのは、ある種の価値観を共有することに似ていますね。と考えると、その価値観に合わせないことには居心地が悪いものです。それにもまして、上司が部下の気持ちを読むというのも、これまたむずかしい。「価値観を共有しろ」という上司と、「私の気持ちも分かってよ」という部下。お互いに分かり合うには、気を使いますよね。
posted by 六角 五郎 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月16日

リーダの勘違い



他人の短所が目につきすぎる人物は

経営者には不適だ。

長所を結果的に発揮させるのが

自分の仕事だと考える人物が、

有能な経営者になれる。


(ドラッカー/経営学者)





他人の悪いところはよく目につくものですが、リーダ的な立場にある人は、そのことばかりを取り上げてはいけません。欠点がない人などいないわけで、多かれ少なかれ誰にでも欠点はあります。そんなことを取り上げてどうこう言うよりも、その人の良さに着目し、長所が活かせる仕事を任せることが、組織能力を向上させるポイントになります。人は自分の長所が活かせる仕事に就けることで、なにより幸せを感じるものです。それがモチベーションを高め、生産性の向上につながるということですね。しかし、現実は部下の悪いところを取り上げて、注意するのが仕事だと勘違いしているリーダが多いのも事実です。

posted by 六角 五郎 at 18:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

物の価値



物の価値は見方、使い方によって変わる。

物自体に価値があると思うから、

とらわれて苦しむ。


(心のしおり/本通寺)





同じ物でも必要な時にはすごく重宝しますが、必要でない時は別にどうでもいいものですね。その物自体はなにも変わっているわけではないのですが、自分にとっての価値は変化します。物はその時に必要な使い方をして初めて価値があるもので、実は物自体に特別な価値があるわけではないのです。これを逆に考えてしまうと、物の価値を活かすことに終始するという本末転倒が始まることになります。物は単なる物に過ぎません。あなたが必要な時に初めて価値があるもの。そして物はいつかは壊れます。



posted by 六角 五郎 at 18:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自己暗示



必ず成功する。私はとても運がいいのだ。必ずうまくいく。


(桐山靖雄/阿含宗管長)





やる気はいくら他人に言われても持続することは難しいものです。やる気を起こすには、あなたが自信を持つことが大切です。自身を持つには、この言葉のように「自分は必ずやれるんだ」という自己暗示をかけてみましょう。そう、あなたは必ず成功します。

posted by 六角 五郎 at 18:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

調子




屋根を直すとしたら、よく晴れた日に限る。


(ジョン・F・ケネディ)




雨漏りは雨が降ったときに見つかるものですが、雨の中で屋根を修理するのは大変です。労力が多くて、なかなかうまく行かないのもです。これと同じで、自分の欠点は調子が悪い時ほど、現れやすいものですね。欠点を見つけたら、ムリをせず、調子が良い時に直すようにしましょう。悪い時はもがかず、おとなしくしているのが一番です。

posted by 六角 五郎 at 18:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

経営の教科書



経営に教科書は要らない。

大切なのは人々の意見に耳を傾け、

問題を見つけ出すこと。


(カルロス・ゴーン/日産自動車CEO)




経営に教科書があって、教科書通りにやってうまく行くなら、勉強できる優等生は皆社長になれますね。教科書通りに行かないから経営者は悩み、苦しみ、孤独をあじわうわけです。ところが、ワンマンな経営者ほど、人の話を聞きません。自分はいままで苦労を乗り越えてきたという自信がそうさせているのでしょうか。カルロス・ゴーンが日産をV字回復させたことは有名ですが、彼が用いたリーダシップが、ファシリテーションというものでした。ファシリテーションとは、促進する、円滑にするという意味ですが、彼は常にリーダとして、中立的な立場で、チームワークを醸成し、チームの力を最大化しました。そのために心がけたことが、この言葉にあるように、メンバーの意見に耳を傾け、チームの力を最大限する結論を引き出していったそうです。世の経営者の皆さん、悩んでいるなら、まずは従業員の話を聞きましょう。それが問題解決への早道です。


posted by 六角 五郎 at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本音




人間追いつめられて はじめて本音を吐く

その時 どんな本音を吐くか それが大事。


(相田みつを)





日本人は元々本音を隠して相手に接するところがあります。京言葉などはその典型ではないでしょうか。「お茶漬けでもどうですか」と問われたら、その意を察して辞退する。本音をストレートに言葉にせず、相手を気づかう文化が日本人の良さと言えますね。今日の言葉にあるように、追いつめられた時、どんな本音を吐くか。大事なのは、どのような状況でも、相手を気づかえる心でいられるかということではないでしょうか。ちなみに、「お茶漬けでもどうですか」という言葉は、「早く帰って欲しい」という意味ではなく、「おもてなしをしたいが、今日はちゃんとしたものを出す準備ができていない」、ということらしいですが、その真意は・・・。

posted by 六角 五郎 at 17:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

礼儀作法



人はくだらないとして礼儀作法をおざなりにするが、

善人か悪人かを礼儀作法で決められることがよくある。


(ラ・ブリュイエール)




礼儀礼節は相手に対する敬意であると思います。自分は相手に対して敵意がない事を表す最も効果的なことです。人とのコミュニケーションの基本ではないでしょうか。礼儀作法と言うと、すごく難しいことのように思いますが、基本は挨拶です。「おはようございます」「こんにちは」「おつかれまさまです」、相手の目を見て挨拶すること。これができる人とできない人の違いは大きいと思いますよ。

posted by 六角 五郎 at 17:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チャンス到来




人生において、チャンスは貯金できない。

(作者不明)




人生において、誰にでチャンスは必ずやって来ます。でもそれがチャンスであると分かっていないことが多いのも事実でしょう。あとから「あの時やっておけばなぁ」と悔やんでみても時すでに遅かりし、まさしくチャンスは貯金しておけないものです。では、どうすればチャンスを見逃さずにいられるのでしょうか?それは目標を明確に持つことです。目標を常に意識していれば、チャンスに対して敏感になります。「小才は縁に出会って縁に気づかず、中才は縁に気づいて縁を生かさず、大才は袖すり合う縁をも生かす」という言葉もあります。
ラベル:チャンス 名言
posted by 六角 五郎 at 17:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

謝ること



自分の言行が誤っていたと気づいたら

あっさりと詫びた方がよい。

いつまでも詫びずにいるから

そんなに胸が痛むのだ。


(百八つのことば)




自分に非があると分かっていても、タイミングを逃すとなかなか素直に謝ることができないものです。そして、それがいつまでも自分を苦しめて胸が痛む時があります。あっさりと謝れば良いとは思っていても、人に謝るというのは、勇気がいりますね。



ラベル:詫びる 謝る 名言
posted by 六角 五郎 at 17:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

なぜとなに




「なぜ」と「なに」





原因を追究するとき「なぜ」という言葉を使いますね。「なぜ、売れないのか」「なぜ、そんなことをするのか」という具合に質問をします。この問いかけに返ってくる言葉は、その原因というより、言い訳が多いことに気が付きませんか。あなた自身も「なぜ」と言われると、責められているような気になり、思わず防御の答えを返してしまいませんか。では、「なぜ」ではなくて、「なに」という言葉に置き換えてみましょう。「売れない原因はなに?」「そんなことをする理由はなに?」。こう質問されると、「それは・・・で」というように素直に答えが返しやすくなります。「ぜ」と「に」、たった一文字の違いが相手の心理状態を大きく左右します。


ラベル:名言 なに なぜ
posted by 六角 五郎 at 17:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

工夫



工夫をすれば継続できる。


(鍵山秀三郎/凡事徹底)





長く続けてやって行こうと思ったら、やはり楽しくないと長続きしないものです。そこで同じ事をするよりも、いろいろ工夫をしながらやることで楽しくなります。工夫は想像力をかき立てます。想像力はあなたに具体的なイメージを描かせます。イメージを持つことで、あなたに目標が生まれます。もし失敗しても、さらに工夫を考える積極的な気持ちが出てきます。そしていつの間にか、それはあなたの身につくものです。

posted by 六角 五郎 at 17:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

積み重ね方



誰にでもできる 簡単なことで 差をつける。


(鍵山秀三郎/凡事徹底)





特別な人になるためには、何か特別なことをしなければならないと思い込んでいる人がいますが、この世の中には、特別なことは何もありません。すべて、簡単なことの積み重ねで成り立っているという言葉です。特殊な才能を身に付けた人も、巨万の富を得た人も最初は簡単なことからはじめて、コツコツと積み重ねて来た結果であるということです。では、凡人はどうでしょう?積み重ね方が悪いのか、それとも継続力が足りないのか・・・。どこかに原因があるのでしょうね。基本は簡単なことなんですがね。

posted by 六角 五郎 at 17:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月12日

生活習慣

運命はその人の性格の中にあり

(芥川龍之介)




何かを成し遂げるのは、その人の才能ではなく性格です。性格を変えるためには、今までの考え方を変え、習慣を変えることです。そうすれば運命が変わるという言葉です。この「習慣を変える」ということがすごく重要なことだと思います。何をやってもうまく行かないと嘆くまえに、今までの生活習慣を変えてみましょう。そうすると生活のリズムが変わり、今まで見えていなかったことが、よく見えるようになったりするものです。簡単なところでは、早寝早起きなんかも生活習慣を変える良い方法ですよ。



posted by 六角 五郎 at 02:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。