2009年04月17日

目標の先にあるもの(三浦雄一郎)

三浦 雄一郎さんは1932年10月12日青森県青森市生まれのプロスキーヤー及び登山家です。

2008年5月26日、75歳(世界歴代2位)でエベレストに再登頂に成功しました。
http://www.s-lifeproject-kuma.biz/article/98424252.html

そして、2009年2月、札幌市内のスキー場でコース外の道路に転落し骨盤を骨折。リハビリに励んでいましたが、4月10日に無事退院されたそうです。ご退院おめでとうございます。


では、その三浦雄一郎さんの名言です。



老いは怖くない、目標を失うのが怖い。

(三浦雄一郎/プロスキーヤー)




世界初のエベレスト大滑降や、70才でのエベレスト登頂、さらに今年5月には75才でエベレストに再登頂など、登山家としても知られる三浦さんの名言です。

このあとにこう言葉が続きます。

「何のために長生きしたいのか。健康の先に何を見たいのか。その目標がはっきりしないと、ただの怠け者になってしまう」。

長生きとか健康になりたいということは、目標ではなく、そうなることで、何がしたいのかということを持たないと意味がないということですね。


posted by 六角 五郎 at 16:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/117641220

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。