2009年03月06日

直感(ブルース・リー)

ブルース・リーはもうあまりにも有名な人物なので、説明するまでもないと思いますが、Wikipediaによると、李小龍(り しょうりゅう、リー・シャオロン、レイ・シウルン1940年11月27日-1973年7月20日)、本名: 李振藩(レイ・ジュンファン)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州サンフランシスコ生まれの中国人俳優で、截拳道(ジークンドー)を創始したマーシャルアーティストとしても知られる人物です。

1973年7月20日、、『死亡遊戯』で共演予定の女優、ベティ・ティンペイ(丁珮) の香港の自宅で頭痛を訴え、鎮痛剤(アスピリンを含むEquagesic)を飲んでベッドに横になった。しかし、そのまま昏睡状態に陥ったため、ティンペイはレイモンド・チョウを呼び、そのままクィーン・エリザベス病院へ搬送されたが、死亡が確認されました。

公式な死因は脳浮腫(のうふしゅ)。享年32歳。
(以上Wikipediaより抜粋)

ところで、ノキアから限定で「N76ブルース・リーモデル」が出るそうです。
とは言っても中国でのお話、日本では買えませんが・・・。
http://naokix.iza.ne.jp/blog/entry/978394/

そのブルース・リーの有名な名言



Don't think. Feel

(ブルース・リー)




「考えるな、感じるんだ」。

燃えよドラゴンの冒頭に出てくる有名な台詞です。

あれこれ考えて悩むよりも、
いまその感じたままの「直感」を大切にしなさい、
ということでしょうね。

この直感力は子供の方が大人よりも勝っていると言われています。

その理由は、
子供には「経験」というフィルターがかかっていないからです。

大人になると、
いろんな経験が直感力の邪魔をします。

経験してきた分だけ大人は「思い込み」があるからです。

そして、
だんだん物事の本質を見失うことになってしまいます。

時には、感じたままの直感で動いてみるのも大事です。


posted by 六角 五郎 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。