2009年02月05日

あるがままの心




あるがままの心で生きられぬ弱さを
誰かのせいにして過ごしている
知らぬ間に築いてた
自分らしさの檻の中で
もがいてるなら
僕だってそうなんだ。

(名もなき詩/ミスチル)





「名もなき詩」名曲ですよね。

その歌詞の一節にある言葉です。

「自分らしさ」という檻は、
他人が作ったものではなくて、
いつの間にか自分で作ってしまったものなんですね。

その檻に縛られてしまっている自分。

うまく行かないことをいつも誰かのせいにしてしまっている自分。

でもどこかでは、
あるがままの心で生きようと願うから、
また傷ついてしまう。

もがいて、もがいて、
人生はそんなもがきの繰り返しなんですね。

posted by 六角 五郎 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。