2009年02月01日

「やるっきゃない」は考えもの。



小敵の堅は 大敵の擒なり

(孫子の兵法)



小勢なのに強気な者は、大軍の捕虜になるだけであるという言葉です。

敵の勢力が分からないまま、闇雲に「それ行け」とばかりに突撃することは、愚の骨頂であるということですね。

孫子曰く、敵の勢力に及ばないと判断したら、逃げて、次のチャンスを待てと言っています。

我々の生活に置き換えてみると、敵とは我々を取り巻く環境ではないでしょうか。自分の周りの環境を良く知った上で、動き方を考える必要があると言うことです。

「やるっきゃない」などと周りの状況も見ずに行動を起こすのは、自滅する確立が高いということですね。日本人は結構このタイプを美化しますが、ちょっと考えものです。


ラベル:名言 孫子 強気
posted by 六角 五郎 at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。