2008年08月16日

リーダの勘違い



他人の短所が目につきすぎる人物は

経営者には不適だ。

長所を結果的に発揮させるのが

自分の仕事だと考える人物が、

有能な経営者になれる。


(ドラッカー/経営学者)





他人の悪いところはよく目につくものですが、リーダ的な立場にある人は、そのことばかりを取り上げてはいけません。欠点がない人などいないわけで、多かれ少なかれ誰にでも欠点はあります。そんなことを取り上げてどうこう言うよりも、その人の良さに着目し、長所が活かせる仕事を任せることが、組織能力を向上させるポイントになります。人は自分の長所が活かせる仕事に就けることで、なにより幸せを感じるものです。それがモチベーションを高め、生産性の向上につながるということですね。しかし、現実は部下の悪いところを取り上げて、注意するのが仕事だと勘違いしているリーダが多いのも事実です。

posted by 六角 五郎 at 18:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。