2009年04月22日

辛い(星野富弘)



辛いという字がある。
もう少しで、幸せになれそうな字である 。

(星野富弘/詩人・画家)




辛くても、もう少し辛さを抱えて(辛抱)頑張れば、幸せになれるということですね。




posted by 六角 五郎 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月21日

自分がしたいこと(ジョセフ・マーフィー)


人生最高の幸福は何でしょうか。
それは富でも名誉でもありません。

自分のしたいことを見つけ、それに取り組むことです。
人はそれを「生きがい」と呼んでいます。

(ジョセフ・マーフィー)



この言葉のように、自分がしたいことを見つけ、それに思う存分取り組めることは最高の幸せでしょうね。

でも、世の中には、自分は何がしたいのかが分からない人が多いものです。

お金も欲しいし、名誉も欲しい。

別に悪いことだとは言いません。

ただ自分の意志ではなくて、誰かに言われてやっていることが結構多いのではないでしょうか。

ちょっと時間を取って、自分は何がしたいのか、考えてみることも大事ですよ。



posted by 六角 五郎 at 15:16| Comment(0) | TrackBack(1) | 今日の名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

志と野心(北尾吉孝)

北尾吉孝さん(1951年1月21日生まれ )は、SBIホールディングス株式会社の代表取締役執行役員CEOです。2005年のライブドアによるニッポン放送買収問題でフジテレビのホワイトナイトとなったことで注目を集めた人物です。強い個性と独特の口調が印象的な方です。



では、北尾吉孝さんの名言です。




志は野心とは違います。
志は世のため、人のためという思いであり、
野心は私利私欲です。

野心でなした事柄は一代で、
はかなく消えてしまいますが、
志は必ずそれを受け継いでくれる同志が現れます。

(北尾吉孝/SBIホールディングスCEO)




世の事業家が事業を始める時、本当に世のため、人のためという思いで始めているのかは、ちょっと疑問です。

最初は、このビジネスで儲けてやろうとか、生計を立てようという私欲の方が強いのではないでしょうか。

それが段々と軌道に乗り始めると、世のため、人のためという「志」というものに、大義名分化されて行くように思います。

それが価値観となって、一緒に仕事をする人たちが共有し、継承されて行くことで、事業は継続される。

私利私欲から抜け出せず、公私混同を続ける創業者には、価値観を継承する同士が現れず、一代で消えて行くということです。

世の創業者の皆さん、事業を継承したいなら、公私混同は、ほどほどに。


posted by 六角 五郎 at 15:03| Comment(0) | TrackBack(1) | 今日の名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

悟りの境地(尾関宗園)

尾関宗園(おぜきそうえん)さんは、臨済宗大徳寺派 大徳寺頭塔 大仙院の住職です。1965年弱冠33才で大仙院住職になられ、現在に至ります。
著書も多数ある名物和尚で、その豪快な説法で知られています。


では、尾関宗園さんの名言です。


気は長く、心は丸く、腹立てず、人は大きく、己は小さく

(尾関宗園/大徳寺大仙院住職)




「気心腹人己」。

気は長く、心は丸く、腹を立てず、人には寛大に接し、己を小さく、謙虚にすべしという言葉です。

一休禅師にある人が「菩薩とはどのような人か」と尋ねたときの返答だという説もあります。

これにさらに、口と命が加わって、「気心腹口命人己」。

気は長く、心は丸く、腹立てず、口慎めば、命永らえ、人は大きく崇め、己は小さく遜り。悟りの境地ですね。

posted by 六角 五郎 at 14:12| Comment(1) | TrackBack(0) | 今日の名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月17日

目標の先にあるもの(三浦雄一郎)

三浦 雄一郎さんは1932年10月12日青森県青森市生まれのプロスキーヤー及び登山家です。

2008年5月26日、75歳(世界歴代2位)でエベレストに再登頂に成功しました。
http://www.s-lifeproject-kuma.biz/article/98424252.html

そして、2009年2月、札幌市内のスキー場でコース外の道路に転落し骨盤を骨折。リハビリに励んでいましたが、4月10日に無事退院されたそうです。ご退院おめでとうございます。


では、その三浦雄一郎さんの名言です。



老いは怖くない、目標を失うのが怖い。

(三浦雄一郎/プロスキーヤー)




世界初のエベレスト大滑降や、70才でのエベレスト登頂、さらに今年5月には75才でエベレストに再登頂など、登山家としても知られる三浦さんの名言です。

このあとにこう言葉が続きます。

「何のために長生きしたいのか。健康の先に何を見たいのか。その目標がはっきりしないと、ただの怠け者になってしまう」。

長生きとか健康になりたいということは、目標ではなく、そうなることで、何がしたいのかということを持たないと意味がないということですね。


posted by 六角 五郎 at 16:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。