2008年05月18日

去る者は追わず



来るものは最大限に利用し、

去るものは最小限に関わる。

(サラ・ティーズテイル/作家)




私は送別会というものにあまり興味を持ちません。冷たい人間なのでしょうかね。今日の言葉にあるように、終わってしまったことより、これから始まることを大切にしたいと思ってしまいます。去ったものがまた帰ってくるということもあります。その時はまた大切にしたと思っています。都合がよすぎるでしょうか。




◆【犬しつけ】
あなたの愛犬が見違えるほどいい子になる森田流犬のしつけ法




posted by 六角 五郎 at 17:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スリープ・シンキング



決定をあせってはならない。

ひと晩眠ればよい知恵が出るものだ。

(プーシキン/ロシアの詩人)




結論を焦ると良い答えは出てこないものです。考えを集中すると言っても、現実には他にもやることがあるわけで、そのことだけに集中して考えているわけにも行きませんね。そんな時は、ちょと頭を解放しましょう。ひと晩寝ると案外良い閃きがあったりします。スリープ・シンキングというのをご存知ですか?睡眠中に脳を働かせて問題を解決する思考法ですが、眠りながらでも脳が考えてくれというものです。方法は眠る前に1つ自分に質問を出す。それを頭で考えながら眠る。そうすると、答えが夢で出たり、ふと思いついて目が覚めるというものです。出てこない時もありますが・・・。でも、出てきたら、忘れずメモを取りましょう!これは結構大事です。折角良い閃きも忘れてしまえばおしまいです。私は何度も忘れてしまってます・・・。


◆「頭痛の痛みを取り除くのは簡単です。」
日本頭痛学会名誉会員・朝倉教授ご推薦!薬を使わずに頭痛を治す。

【〜誰も知らなかった頭痛の治し方〜N.H.R頭痛解消法】


posted by 六角 五郎 at 17:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月07日

第一印象




一度与えた第一印象を

やり直すチャンスは二度と訪れない。


(ことわざ/アメリカ)




自分に対して相手が持つ印象の90%以上が第一印象で決まると言います。それも初対面の時の数秒間(7秒とも15秒とも言われています)で決まってしまうそうです。そして、その第一印象を覆すには、約2時間じっくり話し合わなければならないと言われています。

しかし、社会に出るとそのような時間は非常に取りにくいものです。また、忙しい人ほど短い時間で物事を判断します。つまり、初対面での第一印象を覆すのは現実的にはムリということです。

第一印象の構成要素はメラビアンの法則によると、見た目(全体、動作、姿勢、服装、表情)が55%、話し方(声の大きさ)が38%、内容(言葉づかい)が7%と言われ、いかに人間が視覚情報に頼っているかがわかります。

特に日本人は見た目を重視する傾向があり、私たちは自己紹介の際に「人は話を『見ている』」ということを十分意識する必要がありますね。








posted by 六角 五郎 at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あれから15年




どうやって直すのか わからないものを

こわしつづけるのは もうやめてください。

(セヴァン・カリス・スズキ)




1992年、ブラジルのリオ・デ・ジャネイロで行われた世界環境サミットで、カナダ人の12歳の少女が行ったスピーチの言葉です。世界各国のリーダーたちを前に、わずか6分間のスピーチでしたが、彼女の言葉は感動を呼び、世界中の多くの人の心を打ちました。「オゾン層に空いた穴をどうやってふさぐのか、あなたは知らないでしょう。死んだ川にどうやってサケを呼び戻すのか、あなたは知らないでしょう。・・・」直し方も知らないのに、人間は自然を壊し続けています。壊したものは、もうもとには戻らない。言われてみれば当たり前のことですが、このスピーチに世界中が感動して、あれから15年。ますます環境は破壊されています・・・。







posted by 六角 五郎 at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チャンスと強み



問題解決を図るよりも、

新しい機会に着目して創造せよ。


(ピーター・F・ドラッカー/経営学者)



物事を成功させようと思ったら、まず問題点を見つけて、それを解決する方策を考え実行するという、悪いところを改善する問題解決法が正しいと思っていました。でもドラッカーは、そうではなくて、新しいチャンスに焦点を当てなさいと言います。社会はどんどん変わっていて、昨日の出来事をベースにした問題を解決することは、あまり意味をなさないし、問題にこだわりすぎると、弱みに目が行くので、ネガティブに陥りやすいと言います。それよりも、チャンスに対して自分の強みをどう活かせるのかをクリエイトすることの方が重要だということです。発想を変えないといけませんね。







posted by 六角 五郎 at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。