2008年02月24日

ふる雪のふる雪の



ふる雪の ふる雪の

積むとはなしに その雪の

そのゆきの・・・

(良寛/未完の歌)




良寛さんが70才の時、良寛さんに憧れて慕う40才も年下の貞心尼との歌のやり取りが始まります。4年程の歌のやり取りが続きましたが、天保2年(1831年)、今から177年前。正月六日午後四時、74才で良寛さんは亡くなりました。貞心尼の見守る中で、座したまま大往生をとげたと言われています。そして、そのそばには、この未完の歌が残されていたそうです。その後、貞心尼はやり取りした歌を「蓮の露(はちすのつゆ)」という本にまとめました。甘く切なく、そしてロマンチックな歌が151首にまとめられているそうです。



シンプル攻略!
誰にでも簡単に攻略可能!3等以上当選保証!
さらに今なら無料で公開中!!
【ロト6完全攻略法 今だけWEBで公開】



ラベル:良寛 名言
posted by 六角 五郎 at 18:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

信頼


民無信不立

(論語)




「民信(たみしん)なくば立(た)たず」と読みます。孔子に弟子の子貢(しこう)が政治はどうあるべきかを尋ねました。「食糧を十分にして民衆の食生活を安定させ、次に軍備を完全して国家の平和を守り、第三は民衆の政治に対する信頼を保つことに尽きる」。これが孔子の答えです。子貢は重ねて聞きました。「では、この三つのうち、やむを得ずどれかを捨てるとしたら、どれにいたしましょうか」孔子は言いました。「軍備をやめよう」子貢はまた尋ねました。「やむをえず残りの二つの内、ひとつを捨てるとしたら、どれにしましょうか」。孔子は言いました。「食を捨てよう。もし食を捨てれば民衆は餓死するだろう。これは重大なことだ。しかし死は古来、人の免れがたいものだから、仕方がないとあれば民衆もあきらめてこれに従うだろう。しかし政治に対する民衆の信頼は国家存亡の最後の綱である。もしこの信頼が切れてしまったら国家は一日たりとも保持できるものではない」。これは政治だけではなく、人間関係にも言えることです。「信頼」という絆がなければ、良い関係は維持できないものです。すべての基本に「信頼」があると言えます。ちなみに、この言葉は小泉元首相がよく言っていた言葉です。



ロト6完全攻略が無料!!
しかも3等以上の当選が保証される夢のソフトが
遂に公開になりました。
すぐに確認してください。
【ロト6完全攻略!前代未聞!前人未到の3等以上当選確定ソフト!遂にWEBで公開!】

ラベル:信頼 名言 論語
posted by 六角 五郎 at 18:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あなたの「想い」




やりたい事をやっている自分を想像し、

その時の喜びや充実した気分を味わって見なさい。

驚くべき事が起きる時は、そういう時です。

(ジョセフ・マーフィー)





自分がやりたいと思っていることを出来るだけ具体的に、それも楽観的な形でイメージすることが大切です。あなたが思い描くイメージが楽観的であればあるほど、そうなりたいという気持ちがあなたの内なる炎なって、モチベーションを向上させます。そしてどんな障害物が現れても、それを乗り越えようという気持ちが持てるものです。障害物はどんな時にも現れます。障害物がないことなど皆無でしょう。モチベーションを向上させ、維持する最適な方法は、初めにどれだけ良いイメージが描けるかにかかっていると言えます。あなたの「想い」が大切です。



ロト6完全攻略!
3等以上当選確定!?
前人未到・前代未聞のロト6攻略が遂に公開です!!
今なら限定特別価格です!この機会をお見逃しなく!!
【ロト6完全攻略!遂にWEBで公開!】


posted by 六角 五郎 at 18:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

完璧主義

多くのがっかりした人たちが街角で、

「完璧」という名の

バスが来るのを待っている。

(ドナルド・ケネディ/スタンフォード大学総長)




完璧主義の人は、完璧でなければ気が済まないために、いつも「どこかモレはないか?」と不必要に神経質になったり、不安に思ったりするものです。で、結局「自分はまだまだダメだ」「自信が持てない」などと、どんどんマイナス思考にハマって行きます。完全を求める人は、行動をするより先に、結果を知りたがる傾向が強いとも言われています。「世の中なるようになるさ」と思えば、もっと楽に生きられるのにね。あなたが待っている「完璧」という名のバスはいつまで待っても来ませんよ。



●「ロト6」攻略法を無料公開中!
一度その方法を体験してみてください。







posted by 六角 五郎 at 18:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

剛勇と臆病

人に剛臆なく 気に進退あり

(ことわざ)






剛臆とは、剛勇と臆病のことです。人には剛勇な面もあれば、逆に臆病な面もあり、一概にどちらであるとは言えないものだ。どの面が出てくるかは、気持ちの持ちようによって左右されるものであるということでしょうか。たしかに気が充実している時には、大胆、果敢に行動できますが、気が萎えている時は臆病になってしまいますね。平安後期の武将、源義家の逸話に「剛臆の座」というのがあります。剛臆の座と言うのは、武将の座る席順をその日の行動が剛勇であったか、臆病であったかで決めたそうです。そうやって、名誉を重んじる武将に対して、やる気を出させたというお話です。




●◎「ロト6」完全攻略!前代未聞!前人未到の3等以上当選確定ソフト!遂にWEBで公開!!◎●






ラベル:剛勇 臆病 名言
posted by 六角 五郎 at 18:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月19日

運に気づく




人生というものは、

努力のタテ糸と運命のヨコ糸からできている。

努力してゆくと、

また一つの好運に当たる。

更に努力を傾注すると

もう一つの運にめぐりあう。

(田辺昇一/タナベ経営創業者)




努力した数だけ好運に巡り会う機会が増えるということですね。なにもしないのでは、運にも巡り会えない。人は何かを成し遂げようと思って努力すると、そのことに対しての意識が高まります。でも努力しない人は、そのことに対して意識が希薄です。もう少し手を伸ばせば届くところにあるのに気づかないことが多いものです。運に巡り会うということは、努力することで常に意識することができ、運に気づくということではないでしょうか。運がないと嘆く前に、やりたことが常に意識できているかよく考えてみましょう。


ラベル: 名言 田辺昇一
posted by 六角 五郎 at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自分のコスト




会社につとめて、

いろんなこと教えてもらうんだから、

金払ってもいいくらいだ。

(石坂泰三)



あなたは自分のコストを計算したことはありますか?会社からみると、一人の社員を雇用すると、給料などの人件費以外の費用を含めたら、その人に支払う給料のおおよそ3倍位のコストがかかるそうです。20万円の給料を貰っている人なら、会社は60万円位のコストを使っていることになります。ましていま流行の人材紹介会社からあなたを採用していたら、あなたの年収の30%位の紹介手数料を会社はすでに費用として支払っています。ゆえに会社は、あなたがそのコスト以上の「利益」を上げてくれないと、困るわけです。石坂泰三さんは第一生命や東芝の社長を歴任した方ですが、言いたいことは分かりますね。また会社とは関係なく、生活するために自分にいったいいくらのコストがかかっているのか、「自分のコスト」を計算してみるのも良いと思いますよ。

posted by 六角 五郎 at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

四十にして惑わず




人はその生涯の40年間で本文を著述し、

これにつづく30年間において、

前者についての注釈を付加する。

(ショーペンハウエル/ドイツの哲学者)




孔子曰く、「四十にして惑わず」と言っています。40才になると、狭い見方に捕らわれることなく、心の迷いがなくなると言います。人の平均寿命は、厚生労働省発表の平成18年簡易生命表によると、男の平均寿命は79才、女の平均寿命は85.81才だそうです。この言葉のように、人は人生の約半分になる40年間で自分のスタイルというものを確立し、あとはそのスタイルを活かした生き方をするものだということですね。40才までは試行錯誤の連続。でも40才以降は自分のスタイルを大切にした生き方をしたいものです。

posted by 六角 五郎 at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月11日

後ろには夢がない





ふりむくな、ふりむくな、後ろには夢がない。

(寺山修司)





人にとって夢を持つことは大切なことです。夢はこれから先に叶えたいこと。ですから振り向いてもそこには夢はありません。過ぎ去ったことを大事にするよりも、いつも前を向いていたいですね。そして、人の夢と書いて「儚(はかな)い」と読みます。夢は儚いものでもあります。










ラベル: 寺山修司 名言
posted by 六角 五郎 at 02:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ただ淡々と




何かを決めると、

それさえやれば良いと思ってしまうから、

決めないのです。

(市川亀治郎/歌舞伎役者)




情熱大陸という番組に、昨年のNHK大河ドラマで武田信玄役を演じていた市川亀治朗さんが出ていました。彼はインタビューの中で今年の抱負を聞かれ、「何もありません、ただ淡々と・・・」と答えています。その理由がこの言葉です。目標を決め、それに向かって努力するというのが常道ですが、彼はあえて目標を決めない。不言実行と言ってしまえばそれまでかもしれませんが、決めてしまうと、思考が狭まってしまうからでしょうか。「想い」をカタチにすることには違いはないのでしょうが、なぜか心に効いた言葉でした。









posted by 六角 五郎 at 02:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

つもり違い10ヵ条



高いつもりで低いのは教養 

低いつもりで高いのは気位 

深いつもりで浅いのは知識 

浅いつもりで深いのは欲の皮 

厚いつもりで薄いのは人情 

薄いつもりで厚いのは面の皮 

強いつもりで弱いのは根性 

弱いつもりで強いのは我 

多いつもりで少ないのは分別 

少ないつもりで多いのは無駄


(高尾山薬王院)




「つもり違い10ヵ条」と呼ばれているものです。改めてこういう風に言われてみると、当てはまることが多いことに気づきますね。「つもり」という自己満足は自戒する必要がありますね。





「上司操縦法」【BMS】
コーチングのプロが教える「上司を巧みに操縦する方法」です。
「上司との人間関係」を取り扱った内容ですが、
「営業」や「恋愛」などのあらゆる人間関係で使える内容です。

苦手な上司とどう付き合っていくか?
どう上手くコントロールしていくか?

そのためのヒントとテクニックを満載しています。
  ↓   ↓

〜相手の“脳”に侵入して、思い通りに操る方法〜



posted by 六角 五郎 at 02:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

年のとり方


子曰く、吾、十五にして学に志し、

三十にして立つ。

四十にして惑わず。

五十にして天命を知る。

六十にして耳順(みみしたが)う。

七十にして心の欲する所に従えども、

矩(のり)を踰(こ)えず。


(孔子/論語)





孔子が一生を振り返った言葉として論語に出てくる言葉です。孔子曰く、「私は、十五歳のときに、学問で身を立てようと決心した。三十歳で、学問の基礎が固まり独り立ちが出来るようになった。四十歳で、狭い見方に捕らわれることなく、心の迷いがなくなった。五十歳で、天が私に与えた使命を自覚した。六十歳で、何を聞いても素直に受け入れることが出来るようになった。七十歳で、自分のしたいようにしても、人の道を踏み外すことがなくなった」。私達は1年1年、年を積み重ねて行きますが、孔子の言うように
その年令に応じた年のとり方ができれば良いですね。




「上司操縦法」【BMS】
コーチングのプロが教える「上司を巧みに操縦する方法」です。
「上司との人間関係」を取り扱った内容ですが、
「営業」や「恋愛」などのあらゆる人間関係で使える内容です。

苦手な上司とどう付き合っていくか?
どう上手くコントロールしていくか?

そのためのヒントとテクニックを満載しています。
  ↓   ↓

〜相手の“脳”に侵入して、思い通りに操る方法〜



ラベル:子曰く 孔子 名言
posted by 六角 五郎 at 02:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月09日

自分に正直に生きる




逃げても一生、

正対しても一生、

二者択一は自分自身

(作者不明)




問題にぶつかった時、逃げて暮らすか、まともに向き合って暮らすか、どちらも同じ一生です。いずれにしても、どちらを選ぶかは自分自身が決めることであるということです。自分に正直に生きたいものですが、どちらを選んでも悔いがないようにしたいものですね。




キレイな瞳を演出するならコレがおすすめ!
2週間 使い捨て カラーコンタクトレンズ
ソフトレンズなので入れ心地もバツグンです。
フレッシュルック カラーブレンド グレー
価格 3,840円 (税込) 送料別




posted by 六角 五郎 at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

興味がある分野



食欲がないのに食べるのが健康に悪いように、

欲望を伴わぬ勉強は記憶を損ない、

記憶したことを保存しない。

(レオナルド・ダ・ヴィンチ)




やる気がないことには、何事も身に付かないものです。人にとやかく言われてやっても持続しないのもやる気との関係があるようです。やる気、モチベーションは自分の内側から燃え上がってくるものです。いくら他人が火をつけてもすぐに消えてしまいます。興味がないことは、いくら努力しても無駄ということでしょうかね。やるなら興味がある分野で頑張るのが良いのではないでしょうか。




posted by 六角 五郎 at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自己分析と他人分析



彼を知り己れを知れば、百戦して殆うからず。

(孫子の兵法/謀巧篇)




ご存知の方も多い言葉ですね。正式には「故に曰く、彼を知り己れを知れば、百戦して殆うからず。彼を知らずして己れを知れば、一勝一負す。彼を知らず己れを知らざれば、戦うごとに必ず殆うし」となります。百戦全て、勝ち戦にしたいなら、敵と自分を知りなさい。最低でも自分の戦力くらいは知っておきなさいということです。これは人間関係にも共通する考え方で、自己分析と他人分析がそれにあたります。現実を正確に把握し、的確な接し方を行うことで、たとえ考えが違っても理解し合えるということです。相手を知り、自分を知ることが人間関係の基本です。2500年前の中国の春秋時代の兵法ですが、現在でも充分活用できますね。




posted by 六角 五郎 at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トライ・アンド・エラー


トライ・アンド・エラーを繰り返すことが、

「経験」と「蓄積」になる。

独自のノウハウはそうやってできていく。


(井深大/ソニー創業者)



世界のソニーと言われるソニーには2人の創業者がいます。井深大氏は主に技術面を、盛田昭夫氏は営業面を担当しました。天才型の井深氏と実務家の盛田氏が二人三脚で当時世界では、安手の雑貨物と言われていた日本製品のイメージを世界初、小型化のトランジスタラジオの完成によって、メイドインジャパン製品のブランドイメージを大きく変えました。失敗を教訓とし、恐れることなく、次々と新しいことに挑戦し、他にはない独自の製品をつくり続けた二人の姿勢が世界のソニーをつくり上げたんですね。




SONY/ソニー ウォークマン Sシリーズ 
NW-S715F-W(ホワイト・2GB)
MP3プレーヤー/SONY/
価格 15,792円 (税込 16,581 円) 送料別




posted by 六角 五郎 at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

思い描く

知小謀大

(ちしょうぼうだい)



「知小」は知力が乏しいこと。「謀大」ははかりごとが大きいということで、見識が浅いにもかかわらず、大きなことを企てること。自分の力を考えず、むやみに大きな計略をめぐらすという言葉です。たしかに思い描くことを実現しようとするなら、最低限の知識は持っていないと無謀な計画と言われます。でも思い描くことは、身の丈知らずと言われても良いのではないでしょうか。知っていることだけで思い描くよりは、夢があります。大切なのは、思い描いたことを実現するための知識や知恵をどれだけ持てるかということじゃないでしょうか。





posted by 六角 五郎 at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月03日

顧客中心の発想

ドリルを買いに来た人が欲しいのは、

ドリルではなく穴である。

(レオ・マックギブナ)




1968年に「マーケティング近視眼」という論文を書いたT・レビット博士が「マーケティング発想法」という本に紹介している言葉で、正しくは、「昨年、4分の1インチ・ドリルが100万個売れたが、これは人びとが4分の1インチ・ドリルを欲したからでなく、4分の1インチの穴を欲したから」というものです。マーケティングの重要な格言のひとつになっています。今でこそ経営者の発想が「製品中心」から「顧客中心」に変わってきていますが、当時としては画期的な発想で、供給者側の勝手な理屈ではなく、顧客の視点に立って商品やサービスを捉えようとする発想は非常に衝撃的だったようです。人との関係も同じで、自分勝手な理屈ではなく、相手の立場で考えるとまた違った発想に気づくことがありますね。




楽天GORAでは、コンペ情報はもちろん、楽天GORAでしか予約できない限定プランや、予約受付期間限定のタイムセール、耳寄り情報、新予約スタートコース情報なども目白押し!メールマガジンも特集も、チェック漏れのない様にしてください♪


posted by 六角 五郎 at 18:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

想いの深さ


夢に見るようじゃ 

惚れようが薄い 

真に惚れたら眠られぬ

(都々逸)



粋な都々逸をひとつご紹介します。想いというものは、夢に見るくらいでは、まだまだ想いが足りない。眠れないくらいの想いでないと本物とは言えないということですね。これって単に男女の恋愛のことだけではなく、仕事にも言えることですよね。いびきをかいて寝ているようじゃ、ビジネスマンとしては、まだまだ修行が足りないということでしょうかね。




楽天市場は個人事業主様でも出店できます。インターネット上でのお店の見え方は、大企業でも個人事業主でも同じです。
その証拠に、個人事業主としてネットショップを始めた方が、今では月商約1億を達成していたりします。
取り扱う商品は所謂有名ブランド品ではないのに、楽天ランキングへの入賞が続出しています。
(詳しくは無料資料をご覧下さい)


posted by 六角 五郎 at 17:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

世間体を気にしない生き方

三流の人間は
多数派と同じことを考えているときに幸せを感じる。

二流の人間は
少数派と同じことを考えているときに幸せを感じる。

一流の人間は
考えているときに幸せを感じる。

(A・A・ミルン/くまのプーさん原作者)




世間一般的な考えに満足する人は三流で、二流の人は世間一般とはちがった考えに満足する人であるということでしょうか。そして一流は世間の考えがどうこうというよりも、考えていること自体に満足するということ。つまり人の考えに影響されるのではなく、自分の考えをしっかり持つことが本当の幸せであるということですね。世間体を気にしない生き方、分ってはいるけど、気にしますよね。



【クッション付】
低反発リクライニングフロアチェア ベージュ
通常価格 17,062円 (税込)
   ↓
価格 7,580円 (税込 7,959 円) 送料別


posted by 六角 五郎 at 17:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。